トップ

歯周病を改善する

日本人成人8割が煩っている歯周病

細菌が引き起こす歯周病の恐怖とは?

ある朝、歯磨きで歯茎に違和感を覚えて、口をゆすいでみると血がにじんでいた、という経験をされたことがある方は多いと思います。その出血、もしかすると歯周病によるものかもしれません。実は日本は「歯周病大国」と呼ばれており、35歳以上のおよそ8割が歯周病になっているというデータもあります。

歯周病の自覚症状としては、知覚過敏、歯茎の腫れや出血、歯を磨いても消えない口臭などが挙げられます。歯周病菌自体は常在菌といって口の中に常にいる菌であり、普段は悪さをしない存在なのです。

しかし、歯磨きが不十分であったり、砂糖を摂取しすぎてしまったりすると、歯周病菌がこれらの物質と結びつき、粘性の物質を作り出してそれが歯に付着してしまいます。この粘性の物質の中には10億個もの細菌が潜んでおり、その中にある歯周病原菌と呼ばれる数十種類の細菌が、歯周病を引き起こしてしまうのです。

また、どちらかというと女性の方が歯周病になりやすいと言われています。実は歯周病菌は女性ホルモンが好物であり、女性ホルモンを食べて増殖するという生態を持っています。

さらに女性の方が比較的甘いものが好きな方が多く、加えて女性はストレスによる口が乾いた状態(ドライマウス)にもなりやすいので、歯周病菌が繁殖する要素を取り揃えているのです。

歯周病は高齢者が歯を失ってしまう原因の最たるものですし、歯周病が原因で引き起こされる疾患もあります。例えば、歯周病菌が口から脳にまで達してしまうと歯周病菌が脳を侵すようになり、アルツハイマー病の引き金になることがあります。さらに、風邪などで身体の抵抗力が落ちている状態だと、歯周病菌を含んだ唾液が肺に達し、それが引き金となって肺炎が引き起こされてしまうようなこともあるのです。